株式会社WebSantaは「売れる仕組みを創り、Webで売上アップさせる」専門チームです

COMPANY

ビジョン

ビジョン

売れる仕組みを創る

WebSantaの未来のあるべき姿は何なのか?

そのビジョンをお伝えします。

未来のあるべき姿は何なのか?

ビジョン(未来のあるべき姿)は「売れる仕組みを創る」です。

 

そもそもビジョンというのは「将来こういう企業でありたい」という「姿」「見通し」「展望」「構想」を掲げたものです。

 

これを考慮し、弊社では、将来「売れる仕組みを創る」企業でありたいという姿を掲げております。


また、ビジョンというのはミッションを実現させるための方向性を示すものでもあります。

 

これらを考慮し、弊社のミッションである「Webで売上アップさせる」を実現させるためには、「売れる仕組みを創る」という方向性を示しております。


それでは、なぜ「売れる仕組みを創る」にこだわるのか?

 

それについて解説します。

なぜ「売れる仕組みを創る」なのか?

弊社でいう 売れる仕組を創る とは、弊社やクライアントの人・物・金・情報・時間を整理し・体系化し、効率的にスピーディーに再現性高く生産性や売上や利益を上げることを仕組化していくことと定義しております。

 

この売れる仕組みさえ一度ある程度できれば、あとはWebマーケティングにて実践することでドンドン商品が売れるようになり、売上もアップさせることができるのです。

 

そこに、改善や革新(イノベーション)を取り入れて実行することで、より大きな売上アップをさせることが実現できるようになります。

 

弊社は仕組みにこだわります。

 

なぜなら、仕組みが無いと、行き当たりばったりの戦略でWebマーケティングを実践することになり、売上が運に大きく依存することになってしまうからです。

 

これでは、売上アップさせる確率が上がったり下がったりしてしまいます。

 

常に、売上アップさせる確率を上げ続け、勝ち続ける仕組みが必要なのです。

 

できるだけ運に左右されずに、意図的に売上アップさせることができると、強い経営基盤を創ることも可能になるのです。

 

とにかく、売れる仕組化です。


とは言え、「仕組化」という単語では堅い表現であり、理解が難しい単語でもあるので使用を控えました。

 

また、ただ単純に「作る」のではなく、創造性を持って「創る」ということにこだわっております。


このようなことから、将来「売れる仕組みを創る」企業でありたい、かつ、弊社のミッションである「Webで売上アップさせる」を実現させるために「売れる仕組みを創る」ことにこだわっております。


30年後のライフスタイル

右肩上がりに爆発的に、日本中ひいては世界中でWebの利用率は上がっています。


30年後の日本ひいては世界中の人々はライフスタイルにWebは欠かせないものとなってきます。

 

統計データやWebSantaの30年後の予測によると、特に人間が行う単純作業や論理的生産はロボット化・IT化・Web化されて行くでしょう。

 

  • 車は運転手は寝てても自動運転化
  • 拡張現実ARにより現実と仮想世界の境界線が曖昧になることで、さらにその種のゲームが楽しめる
  • 3D、4Dプリンターで、パソコンとアイデアさえあれば、ほとんどの物作りは完成
  • IT機器からのWebサイトの閲覧速度、音楽・アプリ・画像・動画などのデータ保存量は今の10倍以上
  • IT機器を通じて、インターネットにつながったWebサイトやアプリを活用し、楽しみを享受したり、共有したり、孤独を癒やしたり、情報を瞬時に探し成長を求める
  • ネットショッピングがもっと早く、便利になり、人々は安心して手慣れた手つきでWebで買い物
  • TVや雑誌など費用対効果が明確でない媒体やマーケティング手法は淘汰され、費用対効果がさらにハッキリ分かるWebメディアやWebマーケティングの台頭

 

など、予測すればキリありません。

投資対効果の高いWebマーケティング

上記の30年後の世界に記載しているように、このような世界にはWebの必要性が増大してきます。

 

つまり、これが意味するのは、しっかりと30年後という未来予測を見据えてWebを今から活用することで、圧倒的な差別化・売上・利益を確保できる可能性が高い業種なのです。

 

もちろん、現在でもWeb業界は右肩上がりの急成長市場です。

 

これは、Web業界の中に位置づけられるWebマーケティングにも同じことが言えます。

 

つまり、日々「顧客の創造」を実践している起業家やビジネスパーソンにとって投資対効果の高いWebこそ、現在から未来を見据えても必要不可欠なツールであると考えられるのです!

 

いつ・どこで・誰が・何をクリックし・どのようにお申し込みしたのか?


それらのこと細かいビッグデータをフル活用し、最も投資対効果の高い方法でマーケティングを仕掛けることだって可能になるのです。


これを活用しない手はありません。

 

さらに、WebSantaが積極的に勉強させていただいている経営の父 ピーター・ドラッカーによると、

" ビジネスには二つの機能しかない。マーケティングとイノベーションである"


つまり、この2つの機能であるマーケティングとイノベーション(=革新)に選択と集中をし、ビジネスを成功させれば、顧客に「価値と感動」の提供ができ、「顧客の創造」ができ、結果的に「売上と利益」が生まれ、さらなる「顧客の創造」ができるようになります。

 

マーケティングとイノベーションに選択と集中→顧客に価値と感動を提供→顧客の創造→利益→さらに事業投資→ マーケティングとイノベーションに選択と集中→

・・・

このような好循環が生まれます。


WebSantaはこの好循環を続けられる売れる仕組みを創るのです

 

ピーター・ドラッカーが推奨する「選択と集中」のビジネス手法をWebSantaも忠実に実践しております。

 

このような想いから「売れる仕組みを創る」という未来のあるべき姿を目指し、ミッションを実現させていきます。

上に戻る?